忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不安でいっぱいで、イライラして。
助けを求めたくても、声が出ない。
でも、気付いて欲しい。
わがままかな。わがままだよね。

最近、不安になることが多い。
春休みに入って全然勉強してなくて、やる気も出ないからだ。
焦るのに、やらない。
やらないと不安で不安で、やれないとイライラする。

この気持ちをどうか篤太にわかってほしくて、癒してほしくて、昨日電話した。
でも、篤太は気付いてくれなかった。

私は篤太がツラいとき、気付けてたと思うんだけどな。

色々考えてたら、涙が出てきた。
久しぶりに泣いたな。
本当に、自分がおかしいと思った。


そして、篤太に「わかれよう」と言った。
本当に不安定なんだ、うん。

篤太は「嫌だ」と言った。
その反応にほっとする。
結局、私も別れたくはないんだ。

「篤太は自分がイライラしたとき、私と話すとどういう気持ちになる?」
安らぐとか、気分が楽になるとか、そういった類いの答えを期待したんだ。

「イライラしてるとき、ottoに八つ当たりしちゃって、自己嫌悪する」
「さらにイライラするってこと?」
「うん」

あー、なんだ。私も全然、救えてなかったじゃん。
お互い、何の支えにもなってなかったんじゃん。

虚無感が広がった。


「私は力になれてなかったんだね」
そう言ったら、否定してくれたけど。
そんなことない、支えられたよ、そう言ってくれたけど。
最初にその言葉が欲しかったよ。

「篤太は私の支えになってない」
言いたくなかった。
篤太は泣くと思ったから。
「わかれよう」と言った時点で泣いてたけど。

「支えになってなかった?」
私の変化に気付けてなかった。
ただ、それだけ。

「これからは支えになるから」
これからって今から?

「だから、別れたくない」
私も、別れたくない。大好きだから。

でも、支えられない、支えてもらえない人と一緒にいるのは、つらい。

「わかった、私も篤太が大好きだから」
つらいけど、別れない。

ねえ、だから私の悩みに気付いて。
自分でもよくわからない、モヤモヤした気持ちに気付いてよ。

「おやすみ」
そうして、電話が切れた。
篤太は私の不安に気付かなかった。
支えになってくれなかった。

今日も不安でしょうがない。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]