忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ blogram投票ボタン
篤太と別れて、今日で一年が経つ。
早いんだけど、彼がいない生活に慣れるのは、もっと早かった。

一年前は「いつまでも好きでいるのかな?」なんて思ってたけど、案外すぐに吹っ切ることが出来たな。

彼と別れてからのほうが、精神的に安定していると思う。
というか、付き合った当初が一番不安定だったな。

行動に関しては、皆様ご存知、破天荒でございますけどね。
ここ一年で4人と肉体関係を持ったのですから、ね。
反省しますよ。

恋人には八つ当たりしてしまうタチなんだろうな、自分は。
近すぎるから、かな。いい距離で付き合いたいなぁ。

篤太とは、二人で遊ぶことこそしないものの、会えば普通に話します。
普通に仲いいです。

なんだか、付き合ってたのが遠い昔のような不思議。
いい思い出ですよ、今となっては。

別れて良かった。
別れなくても良かったんだろうけど、別れて、良かった。

今の生活もなんだかんだで楽しいよ。
充実している。

最近は国家試験の勉強に精を出しているしね。
目的がハッキリしていて、それに向かうのって楽しい。

問題は山積みだけど、付き合い続けていたら、より多くの懸念が生まれたろう。

別れてから、私はしあわせだ。
PR

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ blogram投票ボタン
第一希望の企業からは“お祈り”……つまり、不合格通知を頂きました。
よって、すでに内定を頂いているところに行きます。

 
さて、もう先々週の話でしょうか。
篤太と一緒に夕食を食べました。

篤太は今、家族のことや就活のことで精神的につらそうでした。
彼には恋人(女性)がいますが、彼女で補えない部分があるとかで、私に頼ってきたのです。

私が彼に対する感情に変化はありません。
ただ、彼の私への感情に変化があったため、対応を変えただけ。
そんな彼は私にこう言うのです。

「俺のこと、どう思ってる?」

自分を振った人を未練がましく思い続けることは一途です。
しかし、それを本人に告げるのはプライドが許さなかった。

彼が弱っているときだからこそ、なおさら。

「好きは好きだが、それは友情でしかない」

平たく言えば、彼は「キープ」という存在が欲しかったらしい。
私はそんなものにはなりたくはない。

「頑張りなさい」
と、彼が嫌がる言葉を放ち、私たちは帰った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ blogram投票ボタン
だいたい一年前、篤太の誕生日でした。
詳細は昨年3月18日の日記「PRAY」にて。

今年、彼は恋人と共に過ごされたよう。
詳しくは聞いていないが、楽しかったのは確かでしょう。

身につけるものが更新されていくのを目の当たりにするのは、思ったより……うーん、つらいかな?つらくないかな?
どういう風に思っていたかを思い出せない。
ただ、少しさみしいだけ。

楽しいならいい。幸せならいい。
それに自分が関与出来ないのはさみしい。
でも、いい。

確実に距離は離れていく。
スピードは変えられない。
別れた意味を噛み締める。

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ blogram投票ボタン
一昨日、篤太と一緒に帰った。
同じ講義を受けてて、帰りが一緒だったから。
みんなと駅まで、というのはいつもと一緒。

だけどその日、篤太は帰路とは逆方向である私の電車に乗り、乗換駅まで一緒だった。

私は特に嬉しいとは思わなかった。
来るなら来るで一切構わないな、というくらいで。

篤太に「元カノと一緒に帰って、カノジョに何か言われない?」と聞くと、
「方向が一緒だったから、って言えば」
「(方向)違うじゃん」
「どうしても来てほしいって言われたと言う」
なんて言うから、「ふざけないで」と苦笑混じりに返すしかなかった。

彼は「最近話してなかったから話したかった」と言っていたのだけれど、いいのかしら。
サラっと聞く限りカノジョは嫉妬深そうな気がするし。
詳しくはわからないから、なんとも言えないな。

でもね、知らないところで恨みを買ってるかも知れないと思うと、私としては良い気分はしないのですよ。
篤太が責められるならいいが、篤太が嘘をついて私が責められたら、ね。嫌だわ。

カノジョとは面識ないから会うことないだろうけど、嫌よ。

距離の保ち方って、難しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ blogram投票ボタン
calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]