忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年からはタイトルを曲名にすることを諦めるかも知れぬ。
いや、今は仮タイトルだけど。

さてはて、正月といえば、親戚一同集まってうにゃらうにゃらでございますよね。
うちは、ちょっと前まで親戚がたくさん来ていました。
諸事情あり、ここ2、3年で一気に減りました。

なんだか、心にぽっかり穴が空いたようです。
正月を「祝う」気分にはなれないんですよね、なんだか。

そこでね、ふと思ったんですよ。
「結婚して子供ができたら、またにぎやかになるだろうなぁ」
と。

「遺伝子を残したい」という意味以外で子供が欲しいと思ったのは初めてです。
実際、すぐに産める立場でない(学生)のは承知の上ですがね。

そこでなんで「結婚して」なのかといえば、「親戚が増えるから」です。
……親戚がほしいのかな(笑)

一生ついて回る縁じゃないですか。
良い悪い抜きにして。
それって、素敵だなぁと。

一人の人と結ぶことで、その他大勢と関われるんです。
悪いことももちろんあると思いますが、もちろんそれだけじゃないですよね。

そういった、関係性を一気に広げることをしてみたいなと。

なんてつらつら書きましたが、結局は今好きな人(付き合ってる人)が篤太――男性だから思うことなんですよね。
女性を対象にしていたら、「結婚したい」なんて思っても無理……。

それを思うと、本当に同性間の恋愛は難しい。
いや、恋愛は個人同士であるから問題ないんだけどね。(結婚も個人のことだが、世間はそうもいかない)

一番の問題は、あんなに結婚に否定的だった私が、肯定的になってるってことかな。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
無題
あけましておめでとう!
今年もこんなんですがどうぞよろしくお願いします。

別にまあ、それは「問題」ではないんじゃない?
結婚したいと思うことも子供が欲しいと思うことも素敵なことだと思いますよ。
したくない欲しくないも、それはそれで良いと思うけど。
何しろ兄弟がいりゃ良かったのに自分。

いやーでも、何か親戚がいるお正月ってにぎやかそうで羨ましいな。
のくさん / 2010.01.02(Sat)14:09 / URL
>>のっくん
返信が随分遅れてしまって、申し訳ない!
あけ(すぎてて)おめ(出等なんて言えない)!

んー、考えがコロっと変わったのが「問題」かなって。
結局は自分の立場でしか物事を考えられないんだなと思ってね。

一人っ子だと……親考えると、「子供(孫)作らなきゃ」って思うなかな。やっぱり。
私は兄弟多いから、「私が結婚しなくても」と思ってたんだよね~。

うん、親戚がいっぱい来るお正月は楽しかったよ。
親戚が増えることでいろんな苦労も増えるんだろうけど、良いこともやっぱり増えるのかな。
ottoさん / 2010.01.27(Wed)22:30
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]