忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の抱負は
「好きな人に関する嫉妬でイライラしない」
だった。

しかし、新年早々、その抱負は達成できなかった。

秋花の日記に「相方の家に帰った」と書いてあった。
相方」という言い方に酷い不快感を覚えた。

波くん(恋人)のことであることは明白である。
何故「相方」なんていうのか。

友人の歌津は高校でできた親友のことを「相方」と呼ぶ。
そのせいか、私の中で「相方=親友」というイメージが強い。
(バンギャルがいつも一緒にライヴへ行く人、ってイメージも強いが)

秋花が「相方」と表す相手は、私ではなく波くんらしい。
それがショックだった。

「奴」とか「相方」とか、代名詞を使われると嫌なんだ。
「特別だから」と言われてるような気がしてならない。

まだ「彼氏」くらいならいいんだ。
イラッとはするけど、そこまでじゃない。

波くんが嫌いだ、大嫌いだ。


前に、秋花から
「友情と恋愛じゃ、ジャンルが違うから『どれくらい好きか』っていうのは比べられない」
と言われたことがある。

波くんじゃなく、秋花が好きな人と私を比べて、「同じくらいだけど」と言われたあとに続いた言葉だ。

でも、それは都合のいい言い訳だ。
「好き」に種類はあるかもしれないけど、思いの強さにジャンルわけなんてないよ。

でも、その言い訳を最初にしたのは私だね。
今はあのときと立場が逆転したんだ。

秋花は覚えているだろうか。
私がそういったとき、「私は『好き』の大きさは友情でも恋愛でも変わらない」と答えたことを。


今まで、いろんな人を同時に好きになった。
秋花に対する思いだけはいつも強くあった。

友愛か恋愛かなんてわからない。
そんなのはどうでもいい。
だって、どんな形であれ、私も秋花も友達という関係以外にはなれない

それがわかってるから、去年の二月、キスはしたけどただそれだけだった。

愛がどんなに強くても、拘束できない。実際にしたいとは思わない。
どんなに愛していても、周りにはまったくわからない。本人はどれくらいわかってるのだろう。

つらい。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]