忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は、「可哀想な人」か。
いきなりどうしたと思われるかもしれないが、先日ふと思ったのだ。

私は恋愛において……いや、大抵のことにおいて、人に相談をしない。
恋愛については、「特殊」な恋愛しかしてこなかったから、というのがその理由だと思う。

ここ(i am queer)で、あまり過去の恋愛について詳しく述べたことはなかったかな。
一番最初に付き合った人は会ったこともない人物であったし、次は適当だったし、その次は女性、(付き合ってはないが)その次は色璃(女性)、栖楠さんであった。

順々に説明しておこうかな。(あ、そういえば恋愛年表作るのすっかり忘れてた。)

中学一年生のとき。
私は初めて人と付き合った。
ただ、先にも述べたように、「会ったこともない人」とだ。
一応性別は男性と称しており、私より4、5つ年上だったと記憶している。
ああ、誕生日もうろ覚えだけれど、覚えているな。

その人とは、ある他人が介入して交際を終了させ、連絡も絶たされた。
付き合った期間は2、3ヶ月くらいだったような……いや、もっと短かったか?
その後、まったく行方は知れず。
少しだけ、ほんの少しだけ、もう一度連絡を取ってみたいと思っているが、無理であろう。

当時、この人との恋愛について知るものはたった一人の友人のみであった。
(その友人とはかれこれ7年以上会っていない。
手紙やメール等で繋がってはいるが、か細い絆となっているだろう。)

その友人にのみ、相談をしていたと思う。
もう、記憶が曖昧だ。

それから、次に付き合ったのは中学二年生のとき。
このときに付き合った同クラスの男子は正直、どうでもいい人だった。
好きだったけど、友達としてというのが明らかだったし、付き合うとすぐに嫌いになった。
付き合って1ヶ月ほどで飽き、だがその後夏休みを挟んだり、別れを切り出すのが申し訳ない等でだらだらと3、4ヶ月ほどは付き合ったのかな?

そうそう、私はそのときまだ前彼氏(Aさんとしておく)を好きでいたと思う。
「Aさんを吹っ切ることができるかもしれない!」なんて安い感情があったかもしれない。
ただ……だめだ、もうそんな昔のこと覚えてないよ(笑)
特に、この人とはあまり思い出(思い入れ)もなかったしな~。

ちなみに、今年6月、そいつと久々に再開した。ひどく確率の高い偶然に出くわしたのだ。
そして、告白された。
そして、当然のことながら、振った。
(私がもしフリーで男好きで飢えている肉食系女子であったとしても、振ったであろう。)

気持ち悪かったな……。

話は戻るが、中学生当時、この付き合いに対して相談する内容自体がなかったので、特に誰にも相談等はしなかった。と思う。
(どうすれば別れを切り出せるかとかは秋花に相談してたかもしれないが。)

それから、中学三年生のとき、女性と付き合うのである。
一つ下の後輩だった。

女性と付きあってるという点で、公にできなかった。
Aさんとの付き合いのときに相談していた友人にも、このときは相談しなかった。できなかった。

いろいろあって秋花にも相談はできなかったな。
途中まで隠していたし。
今でも、そのときの彼女と性的関係を結んでいたという事実は伏せたままである。
(まあ、彼女が秋花に言っている可能性はあるが。)

そんなこんなで、あまり相談する人がいなかったのです。
というよりは、自分で悶々と考えるタチなのかもね。

信頼できる人には相談できるし、自分が信頼されていれば相談される。
逆に、相談しない、されないという関係は「信頼関係ではない」と言えるのか?

そして、信頼関係が構築されていないというのは、「可哀想」なのか?
と、ここで冒頭の疑問に戻るわけである。

正直、気づかなきゃ良かった。
深く考えなきゃ良かったと後悔している。

だって、そうだろ?
自分が誰も信用してなく、誰からも信用されてないなんてこと、知りたくないさ!

ただ、それが「可哀想」かどうかはまた二の次。
私って、そんなに可哀想でもないと思うんだ。
(ごめん、最初から答えは出てたんだ。)
私は自分に楽観的だからね。

さてはて、結局何が言いたいのかというとさ。
自己開放していかなくちゃダメよね、という!

自分が相談されるには、まず自分が相談してみようということさ。
いや、違うか。

なんかぐちゃぐちゃになってしまった。
今回はここまで。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
無題
僕もあまり人に相談したりしないなぁ。
「話し合う」ことはあっても、相手に答えを求めるとかアドバイスを求めるとかはしないな基本的に。
だって多分それ聞いたところでそれに左右されること無いだろうなって思うし。(笑)
結局自分がどうするかだからね!
相談されなくても良いじゃない、それはそれで面倒っぽいs(おい)
のくさん / 2010.10.10(Sun)21:05 / URL
>>のっくん
ほうほう。
のっくんもあまり相談しない方か~。
ああ、「左右されない」のか(笑)
私は、的確だと思うアドバイスになら左右されてしまうな(^^)

確かに相談されるのは非常に面倒だろうな(笑)
ただ、そういう面倒も被りたいお年頃なのさ!
ottoさん / 2010.10.12(Tue)08:40
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]