忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いや~、すみません。
前回の記事のセットリストの横に各歌詞のリンク貼ってたんですけど、携帯用でしたね。
PCからご覧の方には歌ネットのトップページへ飛んでしまうようになって……。
編集して、PCの方も歌詞を見れるようになりましたので、もしよろしければご覧下さいね。

それはそうと、先週の話。そう、ちょうど卯刻の家に行った、その日。
私は色璃と会いました。

彼女からインタビューを受けたのです。
内容は「カミングアウトについて」。
自分の性的指向の認識への経緯、カミングアウトへの経緯、またカミングアウトの必要性について等、質問された。

一般的に“普通”と思われている性的指向とは異なることに気付いたのは、中学生のとき。
女性の後輩と恋仲になったことで、自分の性的指向は一般的なそれとは違うのだと気付いた。
でも当時はまだ「女性もイケるバイセクシャル」くらいの感覚だったな。ヘテロ寄りだった。

「男性もイケるバイセクシャル」となったのはいつだろう。
高校生、かなぁ。
多分、色璃に恋してたあたりは、そう感じてたんだと思う。

自分の性的指向に戸惑わなかったかといえば……そんなことないんだろうけど、結構すんなり受け入れていたな。
忘れているだけかも知れないが、今の私にとっては性的指向なんて大した問題じゃなかったんだ、とも思う。

カミングアウトについて、今の私の意見としては。
「してもいいし、しなくてもいい。することにも意味があり、しないことにも意味がある」、かな。

話の流れでしたほうがいい場合はすればいい。
話さないほうが関係性を壊さないのなら話さないほうがいい。

性的指向なんてその人の一部分でしかないわけで、それを告知したことでその人との関係性がより深まるとか、話さないほうが距離があるとか、そんなことないと思うのだ。
どんなに親しい人にも見せない部分というのがある。意図的にしろ、無意識にしろ。
そう考えたら、性的指向ぐらいどうでもいいんじゃあないか?

だから、関係性が危うくなるならば私は言わない。
家族には言う気はないな。
大学のまだカミングアウトしていない友人には、いずれ言うことがあるかもしれない。それがいつになるか、誰に言うかはまだ未定だけどもね。

色璃の役に立てる回答が出来たかは疑問だけれど、まあいいでしょう。
どういう論文になるのかな。楽しみだ。
ちなみに論文の序章(性的指向やLGBに関する説明)部分だけ頂いていたので、それを読ませながら卯刻に自分の性的指向を説明したのよね。
とてもわかりやすかったわ。
いきなりそんな論文見せられ、カミングアウトされた彼がどう思ったかは知らないけどね(笑)
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
calendar
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]