忍者ブログ
このブログについて
同性愛者よりの両性愛者、ottoのブログ
初来訪の方はi am....あらすじをご覧下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は篤太と会いました。
2時頃学校の最寄り駅で集合し、ロッテリアで喋って、その後メガネ屋で私のメガネを選んでました。(買ってはない)

そして、その後私は軽音サークルの練習で2時間ほど抜けました。
その間篤太は漫喫へ(笑)

そのサークル時、私はある男友達Fくんと恋愛トーク。
Fくんについては9/19の記事参照。

私が「彼女Gちゃんとはどうなんだ」と切り出したのだが、最終的には私と篤太との話に。

ちなみに、彼らはお互いに「どうでもいい」関係らしい。
別れるも別れないも、どっちでも構わないのだとか。

……付き合ってるって言えるのかな。と疑問に思ったわけだが。
タイミングというものもあるみたいだから、すぐに別れるわけにはいかないよな。
(10月末まで、不可抗力で一緒にいねばならぬのだ)

なんて話をしてたのに、途中で「お前は篤太とどうなんだよ!」とね。
ふざけて「ラブラブだよ☆」と言ってみたが、すぐに「冗談だよ」と言いました。

Fくんは、篤太によく私のことを相談されるらしいんだ。
一回、仲の良い男子数人で恋愛トークしたときにいろいろ話したり、または最近も二人になるとそういった話になったりするんだとか。

そして、そこで篤太は、私に告白した(7月始め頃)ことをその人たちに言っていたらしい。

……ちょっと恥ずかしかった。
顔が熱くなりました。(しかし、鏡を見ても白い顔)

で、彼らの中では「告白して保留状態」という認識なわけだ。
私たちは付き合ってることを大学の友人に言っていないからね。
そんな感じでの話なわけで、若干会話は食い違ってしまった。

彼曰く、「(私が篤太を)好きなときと嫌いなときの温度差が激しすぎる」らしい。
確かにそうだとは思う。
8月中と、9月半ばの差は自分でも驚くくらいだ。

少し差があるのは仕方ないが、過度なのはどうかと指摘を受けた。
嫌いのライン、友人として好きのライン、恋人として好きのライン……この三つがあるとすれば、私が篤太に冷たいときは「嫌いのライン」であり、好きなときは「恋人として好きのライン」に限りなく近いのだと。
Fくんは付き合っている事実も、キスした事実等も知らないのである。
だから、「ラインを越えると、相手に期待させるから良くない」とのアドバイスをしてくれたのだ。

実際、付き合ってるわけで。
付き合ってなかったときにもイロイロしていたわけで。

とか思ってたらさ。ちょっと驚くべき事実も発覚したわけですよ!
それはまた次の記事で書きます。
やっぱり好きな人には優しくしないとなぁという話です。
PR
※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
about

差別も侮蔑も、痛くない。
何故って、ここは現実じゃないんだもの。


詳しくはi am....参照

[name]
otto

[characters]
秋花/akika/:小学時代からの友人
色璃/irori/:高校時代からの友人
歌津/utatu/:中学時代からの友人

卯刻/ukoku/:恋人である男性

栖楠/sukus/:元恋人である男性
篤太/atuta/:元恋人である男性
守樟/sukus/:元思い人である男性

笑芽/emime/:大学時代からの友人
君玖/kimik/:大学時代からの友人
湖北/kohok/:大学時代からの友人
井達/itati/:大学時代からの友人
柄盾/etate/:大学時代からの友人
繰句/kuruk/:大学時代からの友人

new comment
[11/30 otto]
[10/20 のく]
[02/01 otto]
[02/01 otto]
qr code
old entry
(02/29)
(03/02)
(03/02)
RUN
(03/02)
seach
access analysis
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]